エアコン掃除は害虫に注意! ゴキブリやカメムシとは無縁の生活を

「エアコンからカサカサ音がする」、「エアコンからゴキブリが落ちてきた」、そんなゾッとするような経験はありませんか? 長い間掃除をしていないエアコンは、ホコリや汚れが溜まり、時として害虫が住み着いてしまうことがあります。

今回は、エアコン掃除の重要性や掃除の仕方、エアコンの害虫予防や駆除の方法などを紹介します。

エアコンを掃除しないとどうなってしまうのか…

エアコンを掃除しないリスク
エアコンの掃除はしていますか? いつ掃除したか思い出せないなんて方もいるのではないでしょうか。エアコンの掃除をしないと、ホコリや汚れが漏電や故障の原因になったり、効きが悪くなり電気代が高くなったり、エアコン内部のカビが健康被害につながる危険性があります。

漏電のリスク

エアコンにホコリや汚れが溜まると、漏電や故障に繋がる可能性があります。コンセント付近のホコリや汚れは、火災の原因にもなりますので、特に注意が必要です。

電気代の高騰

また、ホコリや汚れでフィルターが目詰まりを起こすと、エアコンが効率よく働かなくなります。そのため、必要以上に電力を消費し、電気代が高くなる要因になってしまいます。

カビ増殖の危険性

エアコン掃除をしないことで、カビが繁殖してしまうことがあります。カビの発生しやすい条件は、温度20~30度、湿度60%以上、ホコリ・汚れがあることです。まさにエアコンは、カビの絶好の発生場所。エアコンで発生したカビは、エアコンの風で部屋中に広がり、それを吸い込むことで体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

カビの胞子を大量に吸い込むことで、喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などを引き起こしてしまいます。肺炎など重篤化する病気の原因になることもあります。特に小さな子供やお年寄りがいる家庭では、注意しなければなりません。

エアコンの掃除方法

エアコンの掃除方法
エアコン掃除を怠ると、私たちの生活や健康にさまざまな弊害が生じます。エアコンのホコリや汚れは放置せず、掃除をして取り除きましょう。そこで、自分でも簡単にできるエアコン掃除の仕方を紹介します。

掃除機でフィルター掃除

エアコンの掃除をする前には、必ずエアコンの電源を切り、コンセントを抜きます。コンセントを刺したまま掃除をすると、感電する可能性があり、大変危険です。

まずは、エアコンの前面パネルを外し、フィルターに溜まっているホコリや汚れを掃除機で吸い取りましょう。これは簡単にできるので、定期的に行うとよいでしょう。エアコンの使用頻度が高い冬場、夏場などは週に1回ほどのペースで掃除機をかけたいものです。

目詰まりには水洗い

フィルターの目詰まりが気になる場合は、水洗いがおすすめです。フィルターをエアコン本体から外し、水で洗い流します。その際、ホコリや汚れの付いていない側から水を当てると綺麗に取り除けます。もし、それでも取れないホコリや汚れがある場合は、歯ブラシなどで優しくこすって洗い流しましょう。

水洗い後には、しっかりと乾燥させてください。乾いた布で水分を拭き取った後、完全に乾かしてから使用しましょう。湿ったままだとカビが発生したり、エアコンが壊れたりする原因になります。

頑固な汚れには洗剤や重曹

水洗いでも落ちない頑固な汚れがある場合には、食器洗い用の中性洗剤や、重曹を使用するとよいでしょう。中性洗剤や重曹を水で薄め、歯ブラシなどで洗うと、フィルターを傷めずに掃除できます。その後、水で洗い流し、しっかりと乾かしましょう。

フィルターよりも奥の掃除はプロに任せる

フィルターよりも奥の掃除は、プロである専門業者にクリーニングを依頼した方がよいでしょう。電気機器であるため、掃除の方法を誤ると、故障や漏電の原因になります。

エアコン掃除の不安「害虫」

エアコン掃除と害虫
エアコンを長い間掃除していないと、害虫が住み着いている可能性があります。エアコンの掃除をしようとパネルを外したら害虫が出てくるなんて、思わず悲鳴をあげてしまいそうですね。ここでは害虫の侵入経路と害悪を説明します。

害虫の侵入経路は?

害虫は、どこからエアコンに侵入するのでしょうか?

その1つは、エアコンの室外機に付いているドレンホースです。ドレンホースとはエアコン室内機で発生した結露水を屋外に排出させるためのホースで、直径14ミリメートルほどの大きさです。小さい虫は簡単に通れてしまい、ゴキブリ、ムカデ、ヤスデ、アリなどの侵入経路になる可能性があります。

もう1つの経路は、貫通穴です。貫通穴とは、エアコン設置の際に壁に開けた穴のことで、配管やドレンホースが通っています。配管と穴の間の隙間から、カメムシやアリなどが侵入できます。

エアコンの害虫をそのままにすると…

エアコンの害虫をそのままにすると、エアコンの故障や漏電の原因になります。場合によっては火災が起こる恐れもあります。放置することなく、しっかりと駆除する必要があるでしょう。

エアコンに潜む害虫の対策

エアコンに潜む害虫の対策
害虫の侵入経路と害悪に続いて、ここでは、害虫の侵入防止と駆除の方法を紹介します。

侵入経路を塞ぐ

エアコンへの害虫の侵入を防ぐため、ドレンホースや貫通穴に対策を施します。

エアコンの室外機に付いているドレンホースは、通常は地面から浮かせた状態で設置されていますが、稀に地面にホースの先端が付いていることがあります。そうすると、そこから害虫が侵入します。ドレンホースの先端に、市販の専用カバーを付けるとよいでしょう。

貫通穴からの侵入については、市販のパテなどを使って、しっかりと穴の隙間を埋めておきましょう。

こまめな掃除を心がけましょう

もっとも重要なのが、エアコンのこまめな掃除。害虫のエサとなるホコリや汚れを溜めないようにしましょう。エアコン内部に虫がいた場合には、フィルター等に卵を産み付けられている可能性もあるので、よく点検し、見つけたら取り除いて綺麗にしてください。

また、季節の変わり目には、プロの専門業者に依頼し、しっかりとエアコンのクリーニングをすると安心です。

それでも室内に侵入してしまった場合にはバルサン!

どこに潜んでしまったかわからない場合や、あちこちに害虫を見かける場合にはくん煙剤をご使用ください。
害虫の通り道や発生しそうな場所に設置する設置型の殺虫剤には「バルサンGキャップ」、事前にスプレーし駆除する待ち伏せ型の殺虫剤には「バルサンまちぶせくんPROスプレー」がおすすめです。嫌な虫に直接遭遇することなく、高い効果で駆除できます。

エアコン掃除と併せて、害虫の駆除もしっかりと行い、健康で快適な生活を送りましょう!

レック株式会社

関連商品

関連記事

記事一覧ページへ