抗ウイルス成分「クロラス酸」の新型コロナウイルスに対する不活化効果を確認

奈良県⽴医科⼤学医学部と共同で、抗ウイルス成分「クロラス酸」の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する不活化検証試験を⾏い、その効果を確認しましたので、下記の通り発表いたします。
https://varsan.jp/special-contents/chlorus-acid-first-report

お知らせ一覧ページへ

レック株式会社