除菌・ウイルス除去の新手段「クロラス酸(亜塩素酸)」とは。次亜塩素酸との違いは?

クロラス酸は、食品添加物殺菌料として認められている亜塩素酸水の主成分であり、安全性と幅広い効果、そして使いやすさが特徴のウイルス除去・除菌成分です。……と言われても、最近ではたくさんのウイルス除去・除菌剤が出回っていて、実際どれを選べばいいのかわからない方も多くいらっしゃると思います。

ご自身や家族の健康をしっかり守るために、改めてウイルスの種類やさまざまな除菌剤の成分を知り、必要な知識を確認していただきたいと思います。

除菌剤の種類によってウイルスへの効果も異なる

除菌剤の種類によるウイルスへの効果

まず、もっとも基本的な知識として知っておきたいのが、ウイルスには大きく分けて「エンベロープウイルス」「ノンエンベロープウイルス」の二種類があるということです。この種類によって、除菌剤の効果は大きく分かれてきます。

もしかすると、「効果がないのに誤った製品を使用している」危険性があります。
普段なんとなく除菌剤を使用している方は、特に注意してください。

エンベロープウイルスとノンエンベロープウイルスの違い

エンベロープウイルス 構造
エンベロープウイルスは、その名の通り「エンベロープ=膜」を持ったウイルスです。インフルエンザや、新型コロナウイルスが含まれます。これに対してノンエンベロープウイルスには膜がありません。代表的なものにノロウイルスやプール熱の原因となるアデノウイルスがあります。

エンベロープウイルスはその膜を壊せば死んでしまいます。石鹸やアルコールでこの膜は容易に壊れますし、次亜塩素酸ナトリウムや次亜塩素酸水でも効果があり、比較的対処しやすいウイルスです。一方ノンエンベロープウイルスは壊すべき膜がなく、アルコールや熱に強い、対処が難しいウイルスと言われています。これに効果があるのは次亜塩素酸ナトリウムです。

今では多くの場所で見かけるようになったアルコール消毒も、効果を示さないウイルスがあるのは驚きですよね。また、効果の有無以外にも、使用上の注意が多くあります。

ウイルスの種類やその特徴は? 有効な成分とは?

今回紹介する「クロラス酸(亜塩素酸)」は、エンベロープウイルス・ノンエンベロープウイルスのどちらにも効果を示し、安全に使用できる優れたウイルス除去・除菌成分です。次章にて詳しく見ていきましょう!

クロラス酸(亜塩素酸)のここがスゴイ!!

クロラス酸のポイント
(本部三慶グループ「クロラス酸Q&A」を参考に作表)

亜塩素酸水は日本において食品添加物殺菌料として認められている製剤であり、クロラス酸(亜塩素酸)とは亜塩素酸水の主成分のことです。

表に示されているように、代表的なウイルス除去・除菌剤の成分の中で、クロラス酸を主成分とする亜塩素酸水は腐食性や変色が少なく、ウイルス除去・除菌効果の持続力が高いという特徴をもっています。
亜塩素酸水には、次亜塩素酸水や次亜塩素酸ナトリウムなどのように“強く、瞬時に”発揮される除菌効果(即効性)はありませんが、「ゆっくりと反応し、安定して除菌効果を発揮し、しかも効果を持続させること」が可能です。

これまでの塩素酸化物系の薬剤(次亜塩素酸水や次亜塩素酸ナトリウム)が最も苦手としてきた「有機物が多く存在する汚れた環境」でも“ゆっくりと持続的”に除菌効果(遅効性)を発揮します。また次亜塩素酸ナトリウムのように薄めるなどの調整が必要なく、次亜塩素酸水のように専用の装置も必要としないので、誰もがどこにでも使用したい時に安全に活用できるのです。(スゴイ!!)

ウイルスへの効果

亜塩素酸水(クロラス酸水)は、耐性菌(抵抗力の高い耐熱性菌や抗生物質が効かなくなった薬剤耐性菌)、カビや酵母などの真菌類、さらにはウイルス類(ノンエンベローブウイルス含む)など、多くの細菌やウイルスの除菌効果を期待できます

それはなぜなのでしょうか?
専門的な話になりますが、亜塩素酸や次亜塩素酸は「分子型」の物質で、亜塩素酸ナトリウムや次亜塩素酸ナトリウム は、「イオン型」の物質です。イオン型の物質が微生物の細胞を構成しているリン脂質を透過できないのに対して、分子型の物質は細胞の内部に浸透し、微生物の細胞内にある酵素タンパク質やDNAなどの化学結合を破壊することによって遺伝子の活動を停止させます。その結果として、強い除菌効果を発揮するのです。

水や汚れに強い

しかも亜塩素酸水(クロラス酸水)は、次亜塩素酸よりも反応性の低い求核付加反応(酸素を与える酸化反応)を有しているため、瞬間的な除菌力は弱いものの、汚れた環境でも安定した除菌力を発揮します。これにより、従来の塩素酸化物が苦手としてきた汚れた環境下でも、その酸化力の全てが消耗してしまうことはなく、ターゲットである微生物類に長時間接触することで除菌が可能になるのです。

食品衛生のプロが使用している

このような特徴から、亜塩素酸水は食品添加物殺菌料として使用が認められており、そして日本だけでなくアメリカ(FDA、USDA)、カナダ(CFIA)、オーストラリア・ニュージーランド(FSANZ)などで、肉類・果実・野菜などの、二次的直接食品添加物としてその使用が認められています。

皮膚への刺激が少ない

アルコールは揮発しますので、その際に手指の水分を奪い、手荒れの原因になってしまいます。また次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ性ですから手指への使用には向いていません。

その点、亜塩素酸水(クロラス酸水)は食塩を電気分解して作られているため、適切な濃度において皮膚刺激性や皮膚感作性、眼刺激性など各種の安全性試験で問題ないことが確認されています。次亜塩素酸ナトリウムのようなヌメリもなく使用時のゴム手袋などは必要ありません

使いやすく環境に優しい

汚れた場所や、水分の多い場所でもその効果が落ちることのない亜塩素酸水(クロラス酸水)は、台所やトイレなどでのウイルス除去・除菌にも効果を発揮します。また匂いもほとんど気になりません。食品添加物殺菌料であり、皮膚への刺激性が少ないので簡単に使用できます。

つけ置きでの使用も非常に効果的ですし、クロラス酸(亜塩素酸)の処理液が乾燥しても、元の原料である塩に分解されてしまうだけです。そのため乳幼児がいらっしゃるご家庭でも、ペットのトイレ周りでも、安心して使用いただけます。
(ただし、誤飲を避けるために幼児の手の届かないところに保管するほか、人やペットに直接噴霧することは避けて下さい。)

アルコールや次亜塩素酸との違いは?

アルコールや次亜塩素酸との違い
アルコールは基本的に70%以上の濃度がないと効果がありません。つまり水分に弱い面があります。次亜塩素酸ナトリウムは毒性が強いため使用時にはゴム手袋などが必要で、次亜塩素酸水は汚れに反応して効果がなくなってしまうため、少しでも汚れのある場所には向いていません。

こうした中、水分にも汚れにも強く、ノンエンベロープウイルスにもエンベロープウイルスにも効果がある、こうした特徴をすべて備えているのが亜塩素酸(クロラス酸)なのです。

アルコールの効果と注意点

アルコールは手軽に使用でき、信頼度の高い成分ですが、ノンエンベロープウイルスには効果が期待できません。また雨の日など、濡れた手をアルコールで消毒しても、すでについている水分で濃度が下がり、効果が落ちてしまうので、ご家庭でもトイレや机の上など、水分がある場所での効果は期待できません。

また引火しやすいので台所など火のそばで使うことは避けなくてはいけません。革素材やニスを塗ってコーティングしているものはタンパク変性を起こし、変色する恐れがあります

次亜塩素酸の効果と注意点

・次亜塩素酸ナトリウム

次亜塩素酸ナトリウムは一般的に漂白剤として流通しており、手に入れやすくウイルス除去・除菌効果も高いです。

ただし、製品をみていただくと必ず取扱注意の記載がある通り、強アルカリ性で皮膚への刺激も非常に強いです。また酸性の洗剤などと混ざると有毒な塩素ガスを発生しますので、その取り扱いには十分に注意してください。

・次亜塩素酸水

次亜塩素酸水は、クロラス酸水と同様、食品添加物殺菌料として認められており幅広いウイルスや細菌に効果を示しますが、本来は専用の装置で適切な濃度の次亜塩素酸水を生成しなくてはいけません。

この点を守っている製品と、そうでない製品があり、次亜塩素酸水を購入する際にはそれが正しい次亜塩素酸水かどうかを見極める必要があります。また、汚れには弱い面があるため、あらかじめ汚れを取り除いてから使用しなくてはなりません。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム、混同してはいませんか? その効果の違いや注意点を解説

以上のことをまとめると、水分がなく、不特定多数の人々が出入りする場所では「アルコール」、水が使われる場所、匂いがあっても大丈夫な場所では「次亜塩素酸ナトリウム」、専用の装置を備えた工場などで、多量にウイルス除去・除菌剤を必要とするところでは「次亜塩素酸水」、そしてトイレやキッチン、浴室や手洗い場等の水回りではこの「亜塩素酸水」の使用が勧められます。

レック株式会社

レックおすすめ除菌アイテム

関連記事

記事一覧ページへ