冬の乾燥対策! 手荒れ防止や感染症対策でくらしをもっと快適に

寒くなると同時に、空気が乾燥してきましたね。乾燥で肌がかさついたり、手が荒れたり、喉が痛くなったりする方も多いでしょう。特に今年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対策としてアルコールなどでウイルス除去・除菌する機会が増え、ますます肌が乾燥してしまいます。

今回は、冬の乾燥について、予防や対策を考えます。

どうして冬は「乾燥」するのでしょう

冬はなぜ乾燥するのか
なぜ、冬は乾燥するのでしょうか?まずは、冬に乾燥する理由を説明します。

冬の気圧配置

1つ目の理由は、冬の天気予報でよく耳にする「西高東低の気圧配置」です。空気は気圧の高いところから低いところに流れるため、シベリアの方から冷たい風が日本に向けて流れます。この冷たい風は、日本海側に雪を降らせて水分を放出し、乾燥した空気になります。その乾燥した空気が山を越えて、太平洋側にやってくるのです。このため、冬に乾燥するのは、基本的に太平洋側のみです。日本海側では雪が降り、湿度が高くなります。

暖房器具の使用

2つ目の理由は、寒い冬の必需品である暖房器具です。

空気中に含むことができる最大の水分量(飽和水蒸気量)は温度によって変わります。温度が高いと多くの水分を含むことができますが、温度が低いと少しの水分しか含むことができません。暖房器具を使用すると、温度は高くなりますが、空気中に含まれる水分量は変化しません。一方で、飽和水蒸気量は増加します。その結果、相対湿度が低下し「乾燥」を感じるようになるのです。

また、暖房器具からの温風が直接体に当たることは、強い乾燥の原因となってしまいます。

乾燥をそのままにしておくと…

乾燥のリスク
冬の乾燥をそのままにしておくと、どんな影響があるのでしょうか。乾燥がもたらすさまざまなリスクについて説明します。

カサカサ、肌荒れの原因に

皮膚が乾燥すると、肌がかさついたり、ひび割れてかゆみ・痛みに悩まされたりします。皮膚には、汗や皮脂が表面で膜を作り、水分をため込んだり、蒸発しないようにしたりする機能が備わっています。しかし、乾燥した空気にさらされることで、これらの機能が低下し水分が抜け、皮膚が乾燥した状態になってしまいます。

乾燥した皮膚は外的刺激に弱く、さらに、掻くことでより強い皮膚トラブルとなることもあります。冬の乾燥は肌の大敵といえるでしょう。

脱水症状の危険

夏に起こりやすいと思われがちな脱水症状ですが、実は乾燥する冬も注意が必要です。体内の水分は、皮膚や粘膜、呼吸などを通して蒸発します。冬は、空気の乾燥により、体内からの水分蒸発がより多くなります。しかし、暑さで汗をかく夏とは異なり、冬は積極的に水分を摂取せず、気が付かないうちに脱水状態になることがあるのです。冬の脱水症状は「かくれ脱水」とも呼ばれます。

また、冬に多く起こるヒートショックという寒暖差が原因の心臓や血管の疾患は、水分が不足すると発症するリスクが高まります。冬でもしっかりと水分摂取をすることが非常に大切です。

大きな火災の原因に

冬に火災が多いのも、乾燥が原因です。空気が乾燥すると、建物や家具などに蓄えられる水分量も少なくなります。乾いた材料は燃えやすく、冬は、わずかな火の気でも、大きな火事に繋がるのです。そして、冬は暖房器具を使う機会が多くなることも、火災が増える大きな要因です。

感染症を招く恐れがあります

乾燥した空気の下ではウイルスは活性化します。それとは逆に、乾燥は人間の免疫力を低下させます。喉や鼻の粘膜が乾燥し、感染に対する防御反応が弱まり、ウイルスや細菌が体内に侵入しやすくなります。今年は、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザのダブルの感染も懸念されており、特に注意が必要です。

冬に感染症が流行するのはなぜ? 原因や注意したい感染症を紹介

冬の室内環境、最適な湿度は?

冬の最適な室内環境
冬の乾燥にはさまざまなリスクが伴うことはご理解いただけたでしょうか。冬の室内環境について、最適な湿度を把握しておきましょう。

冬の室内湿度は、40~60%ぐらいが最適だとされています。湿度が40%を切ると、インフルエンザなどのウイルスが活性化します。逆に湿度が高くなりすぎ、60%以上では、カビやダニが発生しやすくなってしまいます。厚生労働省では、インルエンザ予防には、湿度50~60%くらいに保つことが効果的としています。乾燥や過加湿にならないように、注意したいものです。

冬の乾燥対策とリスクの予防

乾燥対策
最後に、冬の乾燥と、乾燥に伴うさまざまなリスクを防ぐ予防・対策を紹介します。

部屋干しや濡れタオルで加湿

簡単でコストもかからない方法は、洗濯物を部屋干ししたり、タオルを濡らして干すことで蒸発する水分で加湿する方法です。部屋干しには、ジメっとしたイメージや独特の臭いなど、嫌な印象があるかもしれません。しかし、乾燥対策には最適です。部屋干ししても臭いが発生しない洗剤などを、活用してみてはいかがでしょう。

こまめな水分補給!

体内の水分量を維持しましょう。夏のように水分を欲しないため、朝・昼・晩の食事の時に加え、起床時や食間、入浴前後、就寝前など、意識して水分を摂るようにしたいものです。

観葉植物を置く

観葉植物を室内に置くことで、植物の根から吸い上げた水分が、葉の表面から空気中に蒸発し、空気中の水分量が多くなります。自然の力を借りての加湿で、リラックス効果も期待できるでしょう。観葉植物を枯らさないためにも、水やりは忘れずに。葉の面積が広い植物の方が、加湿効果があります。

【観葉植物に虫】土や葉に虫がわかないための対策とは

マスクの着用

マスクは感染拡大を防ぐほか、乾燥対策にも非常に有効です。マスクで鼻と口を覆うことで、粘膜の乾燥を防ぎます。就寝中、口を開けて口呼吸になってしまいがちな人には、就寝時のマスク着用も効果的です。また、マスクに水分を含んだシートなどをセットする保湿マスクも、おすすめです。

感染症対策は?

しっかりと乾燥対策を行うことは、感染症対策にもつながります。
加えて、感染症対策で重要なのは、体調をしっかりと管理し、免疫力を向上させることです。規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、適度な運動、十分な睡眠を心がけましょう。
また、ウイルス除去・除菌をこまめに行うようにしましょう。

季節の変わり目に免疫力を高めるには? 食材、運動、睡眠など、オススメの生活スタイルを紹介

乾燥対策をし、快適なくらしをまもりましょう

今回は、冬の乾燥について、予防や対策をご紹介しました。正しい知識をもち、しっかりと乾燥に備えて、肌や粘膜のトラブル、感染症を防ぎましょう。

一方で、感染症に備えてウイルス除去・除菌のため頻繁にアルコールを使用すると、それによる肌の乾燥・肌荒れが不安な方も多いでしょう。乾燥する季節は特に、肌に優しいウイルス除去・除菌剤を選びたいですね。

バルサンでは、感染症を予防するための研究を重ね、さまざまな商品を開発してきました。ウイルス除去・除菌するために開発されたのがクロラス酸配合の「バルサンプラス クロラスバリアシリーズ」です。アルコールのような肌乾燥も生じにくく、手肌に優しい弱酸性の成分です。安全性が高く、子どもがいる家庭でも安心して使用できます。幅広いウイルス・菌に効果を発揮しますので、家庭や外出先でのウイルス除去・除菌にご利用ください。

乾燥に適切に備えて、ウイルスや菌から身を守り、冬を乗り切りましょう!

レック株式会社

関連商品

関連記事

記事一覧ページへ