獣医師に聞く。ペットの感染症対策と本当に正しい知識

2021年現在、新型コロナウイルスの拡大感染から1年が経過しました。
今やマスクの着用は当たり前となり、アルコールや次亜塩素酸による消毒も習慣化されています。人々の感染症対策への意識が向上する中、イヌやネコなど、ペットの感染症対策に不安をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

私たちが普段使用する消毒剤の中には、動物にとって取り扱いに注意を要するものがあります。中には誤った使用法をされている方もいるでしょう。

今回は獣医師の佐藤先生に、新型コロナウイルスを切り口に正しいペットの感染症対策や注意点をお聞きしました。

動物は新型コロナウイルスに感染する? 事例と症状

ペットへのコロナの影響とは
新型コロナウイルスの動物への感染事例は、各種メディアにて報じられていますが、具体的にどのような影響があるのでしょうか。

ヒトから動物へ。ペットの新型コロナウイルス

――新型コロナウイルスは、動物にどのような影響を及ぼしているのか、事例を含め教えてください。

佐藤貴紀先生(以下、佐藤先生):これまでヒトからイヌ、ネコが感染したと考えられる事例が数件報告されています。海外ではゴリラに感染したり、動物園のトラやライオンの感染(飼育員から感染したと推察される)事例も耳にされた方は多いのではないでしょうか。

動物の新型コロナウイルス感染は、主に発症したヒトからペットへの飛沫感染や接触感染が感染経路となっています。ただし、現時点ではヒトから動物への感染事例はごくわずかです。

――動物からヒトへの感染も考えられるのでしょうか

佐藤先生:ペットから人に感染しているケースは、まだ報告がありません。ある意味僕らも安心してはいけない部分かもしれませんが、安堵はあります。もし出てしまうと、飼い主の皆さんは不安になってしまいますよね。
ネコ同士、フェレット同士、ゴールデンハムスター同士、ミンク同士、この子たちは実験レベルで互いにコロナに感染することがわかっています。動物間感染は可能性が大きいですが、イヌからイヌという報告はまだありません。

感染経路の種類とは? シーンに合わせた適切な予防が大切です

動物が感染した際の症状

――動物が感染した場合、どのような症状が見られるのでしょうか

佐藤先生:これまでのところ、イヌは明確な症状が確認されていません。ネコでは消化器症状や呼吸器症状など、ヒトが感染した際と同じような症状が報告されています。

ただヒトの場合は脳への障害や後遺症のケースも報告されていますが、動物はまだまだ件数が少ないので、わかっていないことのほうが多い現状にあります。具体的な症状としてハッキリ分かっているのはネコだけです。

――同じ哺乳類という枠組みの中でも、イヌやネコ、ヒトでは症状が異なるのですね。

佐藤先生:そうですね、おそらく体の免疫機能をはじめとするさまざまな要因から違いは出てくると思います。ヒトであっても、日本人とアメリカ人では症状の出方や発現率が異なるので、「この動物であればこの症状」とひとえに言い切ることは難しいです。

今回の新型コロナウイルスの場合、動物は軽傷で済んでいるケースがほとんど。現段階で、亡くなってしまった事例は報告されていません。

――ウイルスの種類によっても症状はさまざまですよね

佐藤先生:最も注意すべきなのが「ウイルスの変異」。実のところ、新型でないコロナウイルスは、元々イヌやネコが抱える感染症のひとつです。ネコの場合、コロナウイルス(新型とは違う)が変異し発症すると、致死率が100%になってしまう種類のコロナウイルスも存在します。

コロナウイルスの種類は、ヒトと動物を合わせて20型程度。今後、新型コロナウイルスが変異しどのように分類されるか、種類によって致死率も変わる可能性があるため、注意が必要です。
【この章のポイント✔】
・ヒト→動物への感染事例はあるが、動物→ヒトへの感染は報告されていない
・ペットの感染経路は、ヒトからの飛沫感染や接触感染
・動物によって、新型コロナウイルスの症状はさまざま

本当に正しい、大切なペットを守る感染症対策

ペットの感染症対策とは
アルコールや次亜塩素酸など、今ではほぼ毎日使用すると言っても過言ではない消毒剤。一方でヒトが使用する場合、アルコールは肌荒れが懸念され、次亜塩素酸は「水orナトリウム」でその使用方法が異なり、取り扱い時の注意もいくつかあります。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム、混同してはいませんか? その効果の違いや注意点を解説

我々ヒトが使用する際にも注意を要する消毒剤ですが、イヌやネコなどの動物には使用してもいいのでしょうか?

一歩間違えると大切なペットを失う危険性もあるのです。

「必読」消毒剤は動物に使用してもいいのか?

――現在、感染症対策としてアルコールや次亜塩素酸、さまざまな消毒剤が販売されていますが、特にペットへの取り扱いで注意することはなんでしょう。

佐藤先生:イヌやネコに注意すべきなのが「エタノール中毒やアルコール中毒」です。1キロあたり5~6mlくらいをイヌやネコが摂取してしまうと、問題が生じるといわれています。(例:体重が5キロの子では25ml程度)
家でこぼしたものを誤ってなめてしまったり、体についたものをなめてしまい中毒を起こす危険性が考えられます。アルコール消毒は、イヌやネコには決して直接使用してはいけません。

次亜塩素酸ナトリウムなどの塩素系も、皮膚が荒れ粘膜に炎症を起こす危険性があります。炎症を起こした粘膜は、ウイルスや菌が侵入しやすくなるため、塩素系の除菌剤を直接使用してはいけません。

――万が一アルコールを摂取してしまった場合、どのような症状が見られるのでしょうか。

佐藤先生:吸収度合いには個体差があります。大体吐き気をもよおしたり、ふらついたり、中枢神経に影響を及ぼすため、ぐったりして倒れてしまう。最悪死に至る危険性があります。
誤って摂取した場合、症状がでるまで1時間程度。症状に気付き、すぐに来てくれた子に対しては、吐かせたり胃の洗浄を行い助かったケースはあります。

――我々が接触感染を予防するために消毒した箇所を、誤ってイヌやネコがなめただけでも「危険を及ぼす」と言えるのでしょうか。

佐藤先生:次亜塩素酸ナトリウムの場合、粘膜まで荒れていれば可能性として因果関係があるかもしれません。ペットの子たちは、口にしてみて「それが毒物なのか」を確かめます。飼い主の方が見ていない場所で口にしている危険性も否めませんので、まずはそれぞれの意識と、正しい知識を身に着けていただきたいです。

――飼い主さんの中には、正しい知識を持っていない方もいらっしゃると思います。病院に来られた方の中で、何か大きな間違いや誤解した対策方法をしている方はいましたか?

佐藤先生:アルコールや塩素系のスプレーをかけてしまったケースはあります。中毒にはならなくても、皮膚への影響は明らかにでていました。アルコールは水分を飛ばしてしまうので、皮膚がカサカサになってしまうし、毛もパサパサになってしまいます。
塩素系では、毛にフケみたいなものが出てしまっていたケースも。口にはしなくても、毛や皮膚に使用してしまっている人は結構いるかもしれません。

――飼い主への正しい知識の浸透は、進んでいると思いますか?

佐藤先生:正直なところ、まだまだ誤解されている方はいらっしゃいますね…。「一日一回くらいだったら良いだろう」とか「アルコールは病院でも使っているじゃないか」と思う方もいるかもしれない。ましてや「スプレーは成分が薄そうだから平気でしょ」と思ってしまう方も。

中毒の可能性や、皮膚・粘膜への影響がある点をしっかりと認識してもらいたいです。
【この章のポイント✔】
・アルコールや塩素系除菌剤は、動物に使用してはいけない
・誤ってアルコールを摂取した場合、急性アルコール中毒により、最悪の場合死に至るケースも

大切なペットを感染させない、具体的な感染症対策

具体的な感染症対策
――病院ではどのような対策をされているのでしょうか。

佐藤先生:僕らが動物に注射をうつときは70%のエタノール、アルコールを使って消毒します。ただし、あくまでも一部分。イヌやネコは舐めないように首にしますが、コットンを使って限定的な消毒を徹底しています。アルコール消毒は、広範囲や付けた後になめてしまうことで問題が生じます。

――先生自身、身の周りの環境の除菌はどのようにされていますか?

佐藤先生:現在は食事前や動物を扱う前に亜塩素酸水(クロラス酸)を使用しています。

ヒトやペットが踏み入れる待合室、ソファにも使っています。

感染症対策の新手段「クロラス酸(亜塩素酸)」とは。次亜塩素酸との違いは?

――佐藤先生が推奨している、ペットへの予防策を教えてください。

【ワンちゃんの場合】

佐藤先生:イヌの外出を制限すると、ストレスや肥満の原因になり、違った病気も出てくるため、基本的には普段通りの生活で良いと思います。ただ外出時の感染リスクは0ではありません。散歩中にワンちゃん同士が会ったり、飼い主さんが会話をすることで、飛沫感染の危険性もあります。

具体的な対策として、ワンちゃんには服を着させてください。飼い主さんからの感染リスクとして、ウイルスがワンちゃんの毛につく可能性が懸念されています。そのためウイルスが毛につくような可能性はできるだけ意識し予防していただきたいです。

散歩後は、家に入る前に洋服を脱いで洗濯カゴへ、手足はできればペット用のシャンプーを使って洗い流してください。ヒトの手洗いと同じで、洗い流すだけでも大分ウイルスは少なくなります。基本的な感染症対策として、手足の洗浄は欠かせないでしょう。

【ネコちゃんの場合】

佐藤先生:ネコちゃんはあまり外に出る必要性がないので、相談されることも少ないです。ただ飼い主さんが感染の疑いがある場合、部屋を分けるなど接触を避けていただきたいです。ケージにカバーをかけたり、直接の接触を避ける。

外に出るネコちゃんで洋服がない場合、家の中に入る前にブラッシングをしてあげるだけでも対策効果はあるでしょう。
【この章のポイント✔】
・アルコールや次亜塩素酸ナトリウムはヒトの肌も炎症を起こす危険性がある
・イヌ、ネコの感染対策は、外出時のウイルス付着を防ぐ服の着用や、手足の洗浄

まず、飼い主が気を付けるべき日常的な予防策と今後について

飼い主が注意すること
ペットへの感染症対策は、我々ヒトとは違った注意点がありました。
感染拡大が続く新型コロナウイルスですが、大切なペットを守るために、常日頃から飼い主が意識すべきポイントや、ペットへの向き合い方についてお話をお聞きしました。

大切なのは飼い主の意識と、ペットとのソーシャルディスタンス

――日常的な予防について、私たち自身が気を付けるべきことはなんでしょうか。

佐藤先生:家庭内感染が増えている現状をみても、ペットも同じ感染リスク下にあると言えるでしょう。ペットは自分でごはんを作れるわけではないので、ヒトがいないと生きていけません。感染の原因が、ヒトからの飛沫・接触という事実を踏まえると、絶対的にヒトが気を付ければ、動物にうつる危険性は少なくなります。

飼い主さんの「平気だろう」と思う気持ちが、コロナ感染の原因になってしまうので、まずはペットとの濃厚的な接触を避けるべきです。口移しでごはんやおやつをあげる行為は、今でこそ絶対にしてはいけませんし、一緒にベッドで寝ることも、なるべく避けたほうが良いでしょう。

難しいですが、ペットとのソーシャルディスタンスも意識していただきたいです。

もし、自身が感染してしまったら…?

――飼い主さんがコロナウイルスに感染してしまった場合の対処を教えてください。

佐藤先生:基本的には、事前に預け先を探しておくことが大事だと思います。民間の場所だと、アニコムさんという動物の保険会社が無償で預かってくれるケースがありますし、ペットホテルもある、知人に預ける選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

また衣食住の「住」は知人の方がいても、衣食については飼い主さん側が整えておく必要があります。新しい洋服を用意したり、ペットフードや薬も1ヵ月分くらい余裕をもっておく。ペットのクセや性格、病気に関する情報をまとめておくと良いでしょう。

マイクロチップや迷子札を付けておくことも重要です。飼い主さんが変わると、問題行動や突然怖がって逃げたりするケースもあります。保健所に連れて行かれてしまう危険性があるので、万が一発見されたときに飼い主さんがわかるよう、保険の意味で付けておくと安心です。

――東京都獣医師会では、今後コロナウイルスの動向やペットを飼われている方に向け、対策や活動はされているのでしょうか。

佐藤先生:リアルでの取り組みは難しいですが、正しい情報発信は必要ですので、対策方法をまとめたポスターを病院の待合室などに貼っています。また散歩のときに気を付けることや、ペットが感染した方への対処法など、HPに掲載しています。

東京都獣医師会「新型コロナウイルス情報」

私自身WHOの情報を良く見ますが、情報が1ヵ月前とはがらりと変わっている。動物への感染事例や新しいエビデンスの発信もあるので、飼い主さんもこまめにチェックしてみてはいかがでしょうか。

まずは飼い主さんが感染しないことが、ペットを守るために大事な対策であり予防策です。ペットに対する正しい知識を常に収集し続けていただきたいです。

――ありがとうございました。

【この章のポイント✔】
・ペットとの濃厚接触を控え、ソーシャルディスタンスを意識する
・飼い主自身が感染してしまった場合を考え、預け先や備蓄の用意をしておく
・まずは自身が感染しないよう対策を徹底し、正しい情報収集を心がける

佐藤貴紀先生

お話を伺った人

目黒アニマルメディカルセンター

佐藤貴紀先生

株式会社WOLVES Hand 取締役CTO
目黒アニマルメディカルセンター 院長
循環器認定医

レック株式会社

レックおすすめ除菌アイテム

関連記事

記事一覧ページへ