マスクは感染予防に効果ない? 適切な使用法と知識を身に付けよう

新型コロナウイルス(COVID-19)の流行により、外出時にはマスクの着用が習慣化されているかと思います。マスク着用が感染症予防にどの程度効果があるのか、ご自身の使用方法が正しいのか、不安をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、感染症予防におけるマスクの効果や適切な使用方法についてご紹介します。

感染症の原因、ウイルスと細菌の理解

ウイルスイラストマスクの効果を理解する前に、まずは感染症の原因となるウイルスと細菌について、説明します。

感染症を引き起こすウイルスと細菌ですが、両者はまったく異なるものです。

ウイルスは単独で増殖する能力がなく、他の生物の細胞に寄生し、宿主細胞に複製してもらいます。やがて大量のウイルスにより宿主細胞が死滅し、細胞外に出たウイルスが他の細胞に寄生してさらに増殖していくのです。

一方で細菌は細胞構造を有しているので、適度な栄養分と水分がある環境であれば、細胞分裂を繰り返して増殖します。人体に侵入して感染症を引き起こす細菌がいる一方、人の体の中には、ビフィズス菌などの善玉菌といった、健康を維持するために必要な細菌も存在します。

感染症の原因となるウイルスと細菌の違いとは? 肝心なのは予防対策

ウイルス・細菌の「大きさ」がポイント

ウイルスの大きさは、0.02~0.2μm(マイクロメートル)程度です。μmはmmの1/1000を表す単位であり、もちろん肉眼で見ることはできません。光学顕微鏡よりも更に高倍率な電子顕微鏡が必要です。

細菌はウイルスよりも大きく、1~5μm程度です。細菌も肉眼では見えませんが、光学顕微鏡で見ることができます。

一般的なサージカルマスクの隙間は5μm程度のため、ウイルスや細菌はそれよりも小さく、完全に侵入を防ぐことは難しいと言えます。

マスクは感染症対策に効果はあるのか?

それでは、マスクは感染症対策に効果が無いのでしょうか?
みなさんが最も気になるところだと思います。

結論から言うと、マスクの効果はウイルス・細菌保有者が感染源を外に出さない、感染拡大の防止です。

前述の通り、ウイルスや細菌はマスクの隙間より小さいため、完全に侵入を防ぐことはできません。空気感染するような感染症には効果が薄いでしょう。しかし、ウイルスや細菌の保有者が、咳やくしゃみをした際の「飛沫」を防ぐ効果があります。新型コロナウイルス感染症やインフルエンザなど、飛沫感染する感染症には予防効果を発揮するのです。

飛沫は水分を含み5μm程度の大きさであるため、マスク着用で感染拡大のリスクを軽減できます。また、ウイルスや細菌の付いた手指で、直接口や鼻を触ってしまうことも防げます。

マスクの種類と正しい使用方法

マスク写真一般的に販売されているマスクの種類と、使用方法について紹介します。

マスクの種類

マスクには、布マスク、サージカルマスク、N95マスクなどがあります。

・布マスク

布マスクは、ガーゼや綿織物などで作られたマスクです。一定の飛沫防止効果などはありますが、サージカルマスクやN95マスクよりも隙間が大きく、効果は落ちます。しかし、洗って何回も使え、マスクが不足した際には自分で作ることもでき手軽です。また、保湿性と保温性に優れています。
布マスク使用後は、必ずきれいに洗うようにしましょう。

・サージカルマスク

サージカルマスクは、織らない布(不織布)を使用した医療用マスクです。近年ではより一般化され、家庭用マスクとしても使用されています。基本的には使い捨てのため、衛生的に使用できます。口の動きに柔軟に対応しズレにくいプリーツ型や、マスクと口元の間に空間があり息苦しさの少ない立体型などがあります。

・N95マスク

N95マスクは、米国労働安全衛生研究所(NIOSH)のN95規格に合格した微粒子用マスクです。0.3μmの粒子を、95%以上捕集できます。微生物を含む外気から人を守るために使用するため、近年は、医療現場で感染防止に使用されることが多いです。密性が高く、隙間が非常に細かいため、長時間着用したまま日常生活を送るのには息苦しいなど支障があります。

・KN95マスク

米国労働安全衛生研究所(NIOSH)のN95規格と同基準の規格とされる、中国国家標準規格GB2626-2006をクリアしたマスクです。N95マスクと同様の効果が見込めます。ただし、基準に満たない“不良品マスク”が流通したこともあり、正規品をしっかりと見極める必要があります。
購入時には基準値を満たす試験をクリアしたものや、自身にフィットする構造のものを選びましょう。

その他、隙間の粗いニットマスクや、バンダナなどは、飛沫防止効果はかなり落ちてしまうため、上記3種類のマスク使用をおすすめします。

マスクの正しい使用方法

マスクの効果を十分に得るには、正しく使用しなければなりません。

ウイルス・細菌の飛沫を防止するためには、マスクと顔との隙間を作らないことが重要です。マスクは、顔にフィットするサイズ・形のものを選択し、必要に応じてゴムをきつくするなど調節しましょう。着用した際に鼻やアゴが出ることがないようにしてください。

マスクを取り外す際には、顔に接触した部分が内側になるようにたたみ、専用マスクケースに保管するとよいでしょう。

使用後のマスクは放置せず、使い捨てマスクであればゴミ箱に捨て、洗えるマスクであればキレイに洗い清潔に保ちましょう。マスク専用のウイルス除去・除菌製品を使用すれば、なお効果的です。

マスクの着用と合わせて行いたい感染症対策

手洗い写真マスク着用の主な効果は、飛沫感染の防止であることを確認しました。マスク着用と合わせて、手洗いを徹底し、他の人が触れる場所を消毒するなど、接触感染の予防にも心がけましょう。

手洗い・手指の消毒

日常的に触れるさまざまなものにウイルスや細菌が付着していると、それらに触れることで自分の手にもウイルスや細菌が付く可能性があります。手から口や鼻を介してウイルスや細菌が体内に侵入することを防ぐため、外出先から帰宅した時や調理の前、食事前などこまめな手洗いを習慣づけましょう。

手洗いができない場合には、手指の消毒も効果的。可能であれば、手洗いと手指の消毒を組み合わせて行うことを推奨します。

基本的な予防+クロラス酸

ドアノブや階段の手すり、照明のスイッチなど、家族みんなが触れる場所はこまめにウイルス除去しましょう。ウイルス除去・除菌製品にはさまざまな種類がありますが、特に子供やペットがいる家庭では、「クロラス酸」という食品添加物としても使用が認められている優しい成分を使用したものをおすすめします。

「クロラス酸」は、アルコールでは効きにくいノロウイルスなど幅広いウイルスや細菌に効果を発揮します。また、最近では新型コロナウイルスへの不活化効果も確認されました。

クロラス酸による新型コロナウイルスの不活化が確認できました

クロラス酸は、手肌に優しい弱酸性で皮膚や目への影響が少なく、アルコールと異なり引火の恐れも無いため、台所などでも安心してご使用いただけます。

感染症対策の新手段「クロラス酸(亜塩素酸)」とは。次亜塩素酸との違いは?

感染症対策に「バルサンプラス クロラスバリア」

今回は、マスクの効果と適切な使用方法について確認しました。手洗いや消毒と合わせて、しっかりと感染症対策をしたいものです。

バルサンでは、感染症を予防するための研究を重ね、さまざまな商品を開発してきました。ウイルスや細菌の除去には、クロラス酸配合の「バルサンプラス クロラスバリアシリーズ」がおすすめです。「クロラスバリアシリーズ」には、細かなマイクロミストタイプ、スプレータイプのほか、シート用スプレー、携帯用スプレーがあります。

食品添加物製剤として発売されているキッチンスプレーは、食品や調理器具、調理者の手指に直接使用できます。またマスクには、天然由来の除菌・消臭成分配合のマスク用除菌スプレー「マスクキレイ」の活用をおすすめします。
※「マスクキレイ」はクロラス酸を含みません

感染症予防に細心の注意を払い、自分や大切な家族を感染症の脅威から守り、快適で健康な暮らしを送りましょう!

小林寅喆(いんてつ)先生

この記事の監修者

東邦大学

小林寅喆(いんてつ)先生

東邦大学 看護学部 感染制御学 教授
レック株式会社 バルサン事業本部 技術アドバイザー

レック株式会社

関連商品

関連記事

記事一覧ページへ