次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム、混同してはいませんか? その効果の違いや注意点を解説

新型コロナウイルス感染症対策として、アルコールが手に入りづらくなったとき、その代替として次亜塩素酸ナトリウムや次亜塩素酸水が注目されるようになりました。

「次亜塩素酸」という名称が共通しているため混同しがちですが、この二つは全く違うもの。いずれも正しく使えば効果の高いものですが、その取り扱い方法はかなり違い、選択には注意が必要です。

今回は、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いとその特長を中心に、正しいウイルスの除去・除菌について解説します。

アルコール系と塩素系、ウイルスに対する効果の違いとは?

アルコール系 塩素系
私たちの身の回りには、その健康をおびやかすウイルスや細菌などの病原体が存在しています。またウイルスにも種類があります。一つは新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスに代表される「エンベロープウイルス」、もう一つがノロウイルスやプール熱の原因となるアデノウイルスに代表される「ノンエンベロープウイルス」です。

消毒剤やウイルスの除去・除菌剤には、病院などで使われる専門的なものを含めとてもたくさんの種類がありますが、私たちの手に入るものとしてはアルコール系と塩素系の製品が挙げられます。消毒用アルコール(エタノール)、次亜塩素酸水、次亜塩素酸ナトリウムなどが一般的です。

しかしエンベロープ型かノンエンベロープ型か、ウイルスの種類によって効果は違いますし、それぞれの使用方法や、取り扱う際の注意点が異なるため、一概に「消毒」「除菌」と片付けずに、その特性を正しく知ることが大切です。
 

エンベロープウイルスとノンエンベロープウイルス

正しいウイルス除去・除菌方法を知るためには、まずウイルスの種類を理解しましょう。
新型コロナウイルスやインフルエンザなどのエンベロープウイルスは、その名の通り「エンベロープ」と呼ばれる膜で覆われています。

エンベロープウイルスは、ウイルスを覆っている膜が壊れることで失活するため、比較的対処しやすいウイルスです。これに対し膜を持たないノンエンベロープウイルスはアルコールでは失活しません。次亜塩素酸ナトリウムなど、塩素系の製品を使用する必要があります。

たとえば新型コロナウイルスの対策として手を消毒・除菌するのであれば、手を石鹸で洗い、アルコールで消毒すれば十分な効果が得られますが、家族がノロウイルスにかかり嘔吐や下痢の症状を発症したら、その処理をアルコールで行っても効果は期待できません。この場合は、塩素系のものが効果を発揮します。

どのウイルスに対処するかによって、製品を使い分ける必要があるのです。

新型コロナウイルスはエンベロープウイルス。その特徴は?エンベロープウイルスに有効な成分とは?

「塩素系」には多くの種類がある

では、塩素系の製品にはどのようなものがあるのでしょうか。

塩素系の製品には大きく分けてアルカリ性、弱酸性、酸性のものがあります。一般的に入手しやすく、効果も高いものが次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水です。
次亜塩素酸 水溶液

・次亜塩素酸ナトリウム

次亜塩素酸ナトリウムは、いわゆる漂白剤として市販されています。水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)に塩素ガスを吹き込んで作られ、強アルカリ性で、目的に応じ薄めて使用します。

細菌類、真菌類、ウイルス等さまざまな病原体に効果があり、ウイルス対策としては、200ppm以上の濃度で、ドアノブや調理器具類、調理施設や厨房など一般施設の清掃時の殺菌、除菌、消毒等に清拭や浸漬で用いられます。

ノロウイルス等のノンエンベロープウイルス対策としては500ppm以上での使用が推奨されており、ウイルスと有機物が多く存在する糞便や嘔吐物等の処理には1000ppm以上、場合によっては5000ppmでの処理が必要になります。

ただし、次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ性で、塩素臭も強く皮膚や粘膜にダメージを与えるため手指の消毒には使えません。
また金属腐食性がある上、酸性タイプの洗剤と混ざると塩素ガスを発生することがあり、その取り扱いには十分注意が必要です。

・次亜塩素酸水

次亜塩素酸水は食品添加物として認可されており、食品工場などで使用されている製品です。
正規のものは『第9版食品添加物公定書』に記載されており、本来、酸性電解水のことを指します。安全性と殺菌活性が高く、低濃度(10〜80ppm)で、さまざまな細菌類、真菌類、ウイルスに効果があります。ただし、汚れの多い場所ではその効果が減退するので、汚れをあらかじめ除去してから使用することがとても重要です。

この「次亜塩素酸水」そのものは市販されていません。規定の濃度範囲の「次亜塩素酸水」が生成されるように設定された装置を使い、希釈せず使用することが原則です。 また、次亜塩素酸水は使用期限が短く、紫外線に弱い性質があります。そのため遮光効果のあるボトルに入れ、早めに使い切る必要があります。

「疑似次亜塩素酸水」に注意

擬似亜塩素酸水に注意
次亜塩素酸水はエンベロープ・ノンエンベロープ両方のウイルスに効果があり、安全性も高いものです。ただし「次亜塩素酸水」の名称で流通しているものの中には、認可を受けていない「擬似次亜塩素酸水」というべきものもあるので、注意が必要です。

たとえば次亜塩素酸ナトリウムに酸を混和・希釈して酸性化した水溶液や、「次亜塩素酸ナトリウム」の希釈液が「次亜塩素酸水」として販売されていることがあります。しかし、これは食品添加物の「次亜塩素酸水」とは全く異なる「疑似次亜塩素酸水」です。

 
これらの製品は濃度規格がなく「次亜塩素酸水」の規格よりもかなり高濃度のものが出回ってしまっています。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、この「疑似次亜塩素酸水」による健康被害(のどや目の痛みなど)に関するお問合せや苦情が多数寄せられています。

こうしたものが「次亜塩素酸水」という名称で流通していることによって、本来の「次亜塩素酸水」の信用を損なってしまうことは明らかです。

本来の次亜塩素酸水かどうかを見極めずに誤った使い方をすれば、効果がないばかりか有害な場合もありますので、市販の次亜塩素酸水を購入する際には、遮光性のある容器に入れられていること、JIS規格やISO規格、製造日、使用期限、原料やpH値(濃度)などがきちんと記載されているものを選びましょう。
https://www.meti.go.jp/press/2020/05/20200529005/20200529005-2.pdf

もう一つの塩素系「亜塩素酸水(クロラス酸)」の力

クロラス酸の力
亜塩素酸水は2013年に食品添加物に認められた殺菌料です。
その主な有効成分である亜塩素酸(Chlorous Acid:クロラス酸)は、広範囲の細菌類や、真菌類、ウイルスに強い活性を示す、という文献が多数あります。

クロラス酸の特長は、液中で非常に安定していることです。その特長を利用して、いつでも、誰もが、どこにでも、自由に持ち運んで使用できるように、また必要に応じて使用することができるように、400ppm〜8000ppm という濃度に希釈調整された製品が流通しています。

目的に応じてこれをそのまま、もしくはさらに希釈して清拭、浸漬、滴下利用されています。

使用濃度範囲であれば、金属腐食が少なく、皮膚・粘膜に刺激を与えません。噴霧による食材の殺菌処理が認められており、アメリカでは主として肉類の病原微生物の殺菌に、また野菜類や香辛料、穀類、豆類に常在する熱耐性菌(通常加熱では殺菌できない耐熱性の芽胞形成菌)の殺菌や、カビや酵母菌等の真菌類の殺菌に、浸漬だけではなく噴霧でも広く利用されています。

アルコール・次亜塩素酸ナトリウム・次亜塩素酸水は、その効果が限定的であったり、時には使用に注意が必要な除菌成分です。家庭内のあらゆる場面でウイルスの除去・除菌を講じるのであれば、何より安心かつ広い範囲でその効果が確認されている「亜塩素酸水(クロラス酸)」が最適でしょう。

感染症対策、クロラス酸なら「バルサンプラス クロラスバリア」

バルサンプラスのクロラスバリアシリーズはクロラス酸を主成分としており、弱酸性で手肌にもやさしく、次亜塩素酸ナトリウムのような刺激臭もありません。また安定性があるため使用期限も長く、それでいてたくさんのウイルスや細菌に効果があります。

ウイルス除去・除菌にはさまざまな商品がありますが、その成分や効果、注意事項などをよく見て、家族の健康を守りましょう!

レック株式会社

関連商品

関連記事

記事一覧ページへ